2017年1月4日水曜日

子どもがいないとお正月は寂しい

年末年始は親戚が集まる。
親戚の小さい子どもの、美しい肌が私の胸に突き刺さる。

なんて可愛いんだろう。

実は、正直泣きそうになる。

これって、たぶん、少し「うつ病」なんだろうなと思う。

やっぱり、子どもが欲しかったなんてことを、言葉にしてしまうのは、夫を嫌な気持ちさせるので、
ここに書きました。

年老いた両親は、お正月は、この頃、いつも妹の家に泊まりに来て、そこを拠点に私が観光案内などをしたりするのですが…、正直、子どもがいないので盛り上がらない。
勝手に可哀想だなと思ってしまう。

本当に、子どもがいなくてごめんなさい。と思ってしまう。

でも、私は、娘22歳、 長男22歳、次男17歳 三男16歳の 
4人の友達の子どもというのがいてね。

なんて、話をしたら、あんたはバカなのかと言われるだけなのでしない。

私が、ボランティア活動でやってきたことは、たぶん普通には理解できない話ばかりだと思う。

フィリピン人と日本人のハーフの息子3人とか、愛媛に連れて行ってあげて遊ばせてあげたい気もするが、そこまでする意味がわからない。 それは、私の自己満足だと思う。


だいたい、親も、夫も、私がフィリピン人とかの世話をしたのは、バカなことをしたと思っていると思う。

私が、カスパルしてたのは、本当に、エロゲーのどうしようもないのを何とかしないと日本の若者がダメになる!と思ったことと、幼児売春なんてことを絶対に許せないという思いからで、自分のメリットなんか考えていない。

ボランティア活動なんて、メリットなんかないし。
ボランティアする人は、みんなそうだと思う。

やりたいから、やるのである。

で、子どもも、欲しいから、欲しいのだ。

欲しかった。だけど…今は…


要するに、人間の行動は基本的に本能なんだと思う。
で、本能が何か自然じゃないから、心が病気になるじゃないかなぁと。

だから、私は、貧乏なりに、これからも、自分の本能を満足させるべく、
世話してる子ども4人の世話は、自分のできる範囲で一生世話すると心に実は誓っている。

特に、長女は、母親も父親もしっかりしていないので、私しかないと思ってる。
もはや、自立した大人の女性で生活力もばっちりだけど、常に心配している。

お正月に、あけおめメールが届き、ちゃんと食べてるかと、たまにメールでやり取りするのが楽しい。 

今日は、次男が、お年玉を取りに来た。 それも可愛い。

利用されていようと、何でもいいのだ!と思っている。


もちろん、自分の最期に、彼ら、彼女らをあてになんてしていない。
そこは、私は潔く生きるよ。
実の子どもでも、なかなか世話してくれない時代だし、私はお金で解決したいと意気込んで稼ぎます。


私には、子どもも孫もないけど、お金がある!そして、ボランティア活動の楽しみがある。
それでいい。 と言えるくらいになれたらいいなと


私は、自分の本能を客観的に見つめながら、落ち込まないようにして生きるしかない。
誰に何と言われようとも、本能を飼いならせるのは自分しかない。









0 コメント: