2009年1月27日火曜日

もし襲われたら

下手に抵抗したらいかん。

 というのは鉄則らしい。
 最近の星島容疑者のような事件を考えて、どうしたら娘たちの身を守れるかということをオバサンは最近考えましたが、結論はそれです。

  •  したいことをさせる。
  •  可愛くふるまう
  •  そして、チャンスを伺って逃げる。 
  •  しかし無理しない。


それにつきると思うな。周囲に人がいたら大声出して逃げれたらいいけど、まったく人がいなくて抑えつけられたりしたら、もうかしこくなるしかない。

 これは実話ですが、美人の友人が貧乏アパートで一人暮らしをしていた際に、目ざめると知らない男に馬乗りになられていたのだという。
 それだけで普通なら悲鳴ものだけど、さすが私の友人は咄嗟に

 「痛い。痛い。痛くしないで」とアニメ声出したのだという。

 「私、目が悪いからあなたの顔もよくわからないのぉ」 と目が悪いからわからないということもアピール。

 犯人は「大丈夫か?」というようなことを言い出したので、
 
 「うん。大丈夫。目が悪いだけだから。アー痛かった」というようなアニメ声でアホのフリをして犯人の心をおだやかにするように努力した。

 そして彼の話をとことん聞いてやり、セックスをしたいんだという話を聞いて、あっけらかんと
 「さわってあげようか?」というような話しているうちに俺の彼女になれ。 という飛躍した話になり、

 「私なんかでいいのぉ?」みたいな話をして、なんとその日はかえってもらうことに成功した。 信じられないが本当だという。


もちろんその後に警察に報告、即効引っ越ししたが。

 これはアイデアだと思うので、イザという時には覚えていたらいいと思う。
 たとえばレイプされたとしても、殺されるよりはマシだ。 風呂に入って涙をぬぐってやり直せる。


 だいたい、星島のような方は、異常な性欲で頭がおかしくなっているだけで、あらゆることにリアリティに欠けている。マンガと現実の境があいまいだ。
映画を見終わって自分が映画の中の主人公になった時のような不思議な気持ちを味わったりするが、それが彼の場合はずーっと続いているのだ。
だからさらってきた女性をしばりあげて、平気でアダルトビデオを見て過ごしたりできるのである。
子宮を切り刻んで初めて大変なことをしたと体が硬直したのだ。

 そういった思考回路の人間は、女の部屋に泥棒のように忍び込んで襲ってきた男を女は好きになることがある。というようなアニメ的展開を信じてしまう。
 これをアニメ脳と私は呼ぼう。


 彼の死刑はああいう裁判のやり方では、世論的にも決定的だろうが、あの年であんなアニメ書いたりするアホさかげんと、プログラマーとしての技術が同居していることを見ても、なんとも切ない。

 彼は人間関係を上手にできない人で、狂った性欲でおかしくなっていたアホで、人を殺すということのリアリティをまったくわかってなかったアニメ脳だったのだ。


 私みたいに、多くのお友達やお知り合いと、いろんな話をして人間関係のやり方を知っていたら、そんな風にはならなかったのにと思う。

 彼を死刑にすることは、確かにもうしかたないという気持ちはあるが、

 確実に増えているアニメ脳のリクツバカをどうしたらいいのかと思う。

 星島容疑者には生きて一生かけて、そういった問題について考え働いて自分の罪に死ぬまで苦しんでもらった方が私はいいと思うのだ。
 

2 コメント:

taki さんのコメント...

>だいたい、星島のような方は、異常な性欲で頭がおかしくなっているだけで、あらゆることにリアリティに欠けている。マンガと現実の境があいまいだ。

それは文字通り「頭がおかしい」ととっていいのですか。
もし本当に頭がおかしい異常者だとすれば、星島は刑法三十九条の「心神薄弱者ノ行為ハコレヲ罰セズ」、あるいは「心神耗弱者ノ行為ハソノ刑ヲ減刑ス」が適用される可能性があります。
アニメと現実の区別がつかないというのは、まさに「事物の是非・善悪を弁別し、かつそれに従って行動する能力」がない、ということではないでしょうか。
従って星島に刑罰を課すことは出来ません。

>子宮を切り刻んで初めて大変なことをしたと体が硬直したのだ。

悪いことをしたという自覚があるなら、頭がおかしいとは言い切れないと思いますが…。
結局星島は頭がおかしいんですか? おかしくないんですか?

>そういった思考回路の人間は、女の部屋に泥棒のように忍び込んで襲ってきた男を女は好きになることがある。というようなアニメ的展開を信じてしまう。

精神医学の世界では、犯罪の被害者が加害者に対して過度の同情や好意を抱いてしまう現象は実在するそうで、ストックホルム症候群と呼ばれているそうですが。
また、歴史を振り返れば、夜這いの風習があったところではそういう展開も普通にありえたでしょう。

>これをアニメ脳と私は呼ぼう。

ゲーム脳の剽窃はやめた方がいいと思います。

>私みたいに、多くのお友達やお知り合いと、いろんな話をして人間関係のやり方を知っていたら、そんな風にはならなかったのにと思う。

あなたのような「普通の人」が犯罪者になってしまうから世の中恐ろしいのですよ。
傍目にも分かる異常者であれば、最初から警戒して誰も近づかないでしょう。
報道でもよくあるじゃないですか。
「あの人があんなことをしたなんて信じられない」と。

さいきゆみ さんのコメント...

で、何がいいたいのかね