2009年1月18日日曜日

ハウゼンだか何だか知らんが母親は子どもを殺している

病名ついたら言いように聞こえるから困る。
4人に同じことをしていたとしたら死刑になると思うが、たぶんならない。

どうも日本は親が精神的に追い詰められて子どもを殺したとしても
罪が軽いような気がしてしかない。

「自分をけなげな母親にすることで注目されたい」なんていう衝動は、もう重罪中の重罪だと思う。

 その精神の汚らしさを精神病なんて言わせないし。単なる甘えだと思うけどな。

なんか、メッセンジャーで知らん若い子がコンタクトしてきたりするんだけど、たいてい「私はオバサンです」と言ってお断りするんだけど、先日、可哀そうなしつこい若者がいた。

 とにかく会いたい。愛しているんです。 とかいうことを書く。たぶん精神疾患があると思うんだけど。 思わず説教してブロックした。

 あんたは、物事をまじめに考えることができないくせに、
 自分の現実と理想のギャップに苦しみ、誰かに何とかしてもらいたいお子様なんだ。
 大人になりなさい。
 困ったことがあったらメールしてくれたら、具体的にできることはしてもいいが、
 わけのわからんメッセはブロックさせてもらう。 それはあなたのためです。

 と。

いろんな人がいる。でも、相対的に言えるのは、お子様ね=ってことだね。
 しっかりした大人を育てないといかん。

 最近の事件見ていてそう思う。

5 コメント:

pickleton さんのコメント...

真に汚らわしい精神の持ち主は、重篤な精神疾患を抱える患者に「汚らわしい精神」、「甘え」などの言葉をかくも無造作に投げつけるあなたの方でしょう。恥を知りなさい。

さいきゆみ さんのコメント...

そういうことを平気で偉そうに書けるあなたもね。
精神障害者を何度も精神病院に連れていくボランティアもしてきた私です。いろいろやってきた私の正直な感想で、これについては詳しく書いていきたいと思う。

pickleton さんのコメント...

なるほど。そのような経験(「何度も」というからにはさぞや豊富な経験があるのでしょう)がありながら、元記事のような浅薄な言辞を弄することができるとは正直驚きです。
いったいどのような経験とそれに基づく学びや理解が、あなたをして「汚らわしい精神」、「単なる甘え」などと謂わしめるのでしょう。大変興味深いところです。

kurunetto さんのコメント...

pickletonさんに全面的に賛成。
真に汚らわしい精神の持ち主はお前だよ(笑)
人間のクズが病気の事も録に知らずに偉そうな事書くな。

さいきゆみ さんのコメント...

精神病院に通っている友達に先日会社に来てもらって、DM貼りのバイトをしてもらった。
彼女は、ほんまもんの統合失調症で拘束されて入院した経験の持ち主で、誰が見ても確かに違った雰囲気を醸し出している。
私が、彼女が比較的まともだった若い頃から知っていたが、昔からバイトさせても喋ってばかりで情緒不安定で、あまり役だ立つ困った人だと思っていたのであるが、今回、見事にテキパキとDM貼りの仕事をしたので驚いたのである。

今考えたら彼女は昔から病気だったのだろう。今は、脳が正しく動くようになったのだなと感じた。確かに薬が効いているんだと思った。


統合失調症というのは、誰もいないはずのところから音が聞こえてしかたなかったり、いろんな考えがどんどん出てきて辛かったり、そうとう苦しむ病気である。その発作の時にも遭遇したが、エクソシストかなと思うような状況であった。

代理ミュンヒハウゼン症候群というのは、境界型の性格的な病気のように、育てられ方などの問題で本人の性質とおおいにかかわっており、脳の病気とは私は思えない。代理ミュンヒハウゼン症候群は薬で治るのであろうか?

確かに境界型の障害というのも、子どもの頃に親にレイプされたとか、非常に道場されるべきものがあるが、だからって子どもを殺してはいけない。 やったことについては厳しく判断しないといけないと思う。

可哀想な環境に育った人なんて、世の中ゴマンとおる。